歴史とロマンの町 大野町へ行こう!

セントレアのちょっと北「愛知県常滑市大野町」のまちおこしブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

伊勢湾を望む2

伊勢湾の北側を眺めると、
長島温泉の遊園地(ホワイトサイクロン等)や
長島遊園地

名港トリトンが見えます。
名港トリトン

二ヶ所とも、ライトアップされていて、夜景もきれいです。
長島温泉の花火も大野町からはっきり見えます。
でも正直、大きく見えないので望遠鏡で見ることをお勧めします。
手前は、大野海岸で、ウインドサーフィンを楽しむ若者達です。

PageTop

新美南吉の童話「おじいさんのランプ」の舞台は大野町

おじいさんのランプ

新美南吉童話の代表作「おじいさんのランプ」は、主に明治時代の大野町が舞台になっています。
当時の大野町の繁栄振りが書かれています。
上の写真は料理旅館恩波楼さんの玄関です。館内には、当時のランプが展示してあります。
ランプ
また、主人の加藤さんは大野の歴史に大変お詳しく、
時間があれば、有意義なお話を聞かせて頂けます。
恩波楼主人

PageTop

光アートと尺八・筝のコンサート

光アートと尺八・筝のコンサート

9月15日18時より、樂游館(らくゆうくわん)さんにて、光アートと尺八・筝のコンサートが行われました。幻想的な空間ととても心が落ち着く演奏で、来場者の皆さんを魅了しました。
9月23日にも盲目のヴァイオリスト・穴澤雄介のコンサートがあります。

樂游館(らくゆうくわん)さんは、「まつや別邸」として、昭和初期に建設された和洋折衷の素晴らしい建物です。次回その説明をします。

PageTop

アクセスマップ

大野町へのアクセスマップです。お越しの際は参考にしてください。
アクセスマップ

このアクセスマップは、樂游館(らくゆうくわん)の岡さんから拝借したものです。

PageTop

昭和初期の名館を復活!樂游館(らくゆうくわん)

rakuyuukuan
地元の足袋会社「まつや」が客人をもてなすため、昭和初期、「まつや別邸」は建てられました。この館は、外観と内部が西洋風と和風建築に分かれており、往時のハイカラ趣味が今も残っています。この素晴らしい建物が、2006年の今年、樂游館(らくゆうくわん)として一般に開放されました。
rakuyuukan3.jpg rakuyuukan2.jpg rakuyuukan4.jpg
入場無料。美術品の常設展もあります。ぜひ一度お越しになってみては?
作品展・音楽会・講演・お茶会・教室又は会食の場にもご利用できます。
常設展

PageTop

清水次郎長一家28人衆に大野出身者が二人もいた!

幕末の侠客・清水次郎長親分はご存知ですよね。
その子分達の「清水次郎長一家28人衆」の中には、なんと大野出身者が二人もいます。

大政(写真左)と尾張大野の鶴吉です。
大政 尾張大野の鶴吉

大政は、次郎長一家一の子分として有名ですね。実名は原田熊蔵といい、大野の廻船問屋の長男に生まれました。人柄は温厚で、子分たちの間でも人望があつく、次郎長の後継者として、山本政五郎の名で入籍し養子となっています。
尾張大野の鶴吉は、あまり武勇談は伝えられていませんが、かなりのどもりだった森の石松の通訳代わりだったというユニークなエピソードを持ちます。

PageTop

家康も賞賛した、平野邸ビャクシンの木

ビャクシンの木

平野邸(大野町6-39)にあるビャクシンの木は徳川家康が賞賛したほどの名木です。
昭和4年発行の「大野町史」によると「この地方の大庄屋平野家に徳川家康が二度来宿。
その都度此樹につきて賞賛を得たり」と記されています。
樹齢600年以上樹高15.0m幹周4.0m。樹勢はかなり旺勢であり、
樹木では数少ない、県指定天然記念物になっています。

PageTop

10/22(日)散策ラリーに参加しよう!

第8回尾張大野古今散策(10/20~22)がもうすぐ開催されます。
今回、その中の散策ラリー(10/22)を紹介します。

*受付・集合場所ーわくわく広場(名鉄空港線大野町駅前)

◆歴史散策ツアー
 ガイドヘルパーが大野の見所を案内します。
 参加費200円・出発時間は10~13時まで随時
散策ツアー

◆八っとこめぐり
 スタンプラリー。8ヶ所中、5個以上のスタンプを集めると景品がもらえます。
 スタンプ設置場所=斉年寺/内宮社/光明院/蓮台寺/江崎社/小倉神社/宝蔵寺/海音寺スタンプラリー

◆モデル撮影会
 10時半より、町並みを背景に、着物美女の撮影会。賞状・賞品有。
モデル撮影会

<参考>時刻表天気予報

PageTop

町屋造りの茶房・大野町きょう屋

築100年の町屋造りの古民家を改装し、平成15年秋に開店したのが「茶房 大野町きょう屋」(大野町6-56)です。
きょう屋

店を入ると、長い土間・吹抜け・隠し階段・中庭・奥の間など町屋造りの良さを充分堪能できます。
散策の折、和の雰囲気の中、香りのいい町屋珈琲などを味わって、一服されてみてはいかが?
中庭 奥の間 町屋珈琲

PageTop

神社・仏閣が密集する町・大野町

大野町は、さほど大きな町ではないにもかかわらず、
神社・仏閣が16箇所もあります。
周辺地域も加えるともっと多いです。
色々な歴史があり、大野町を散策されると面白いと思いますよ。

oonomap.jpg


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。