歴史とロマンの町 大野町へ行こう!

セントレアのちょっと北「愛知県常滑市大野町」のまちおこしブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

伊勢湾内での捕鯨が、日本の捕鯨業の始まり?

hogei3.jpg
hogei4.jpg
「張州雑志」(1770~1778)より

平成12年、ゴンドウクジラの群れが伊勢湾に入り込み、大騒ぎになりました。
しかし、昔はよく鯨が伊勢湾に入ってきて、江戸時代には湾内での捕鯨の記録がいくつか残っています。
今まで、日本の捕鯨の始まりは三河湾での捕鯨とされていました。
根拠は我が国最古の捕鯨専門書である「西海鯨鯢記(さいかいげいげいき)」(1720)に「元亀年中(1570~73)、三河国内海ノ者、船七、八艘ニテ沼崎辺ニテ突取ル。其の後丹後、但馬ニモ三河ノ者住テ之ヲ取ル、利無クテ止ム」と記されているからです。
しかし、南知多町郷土資料館の山下館長は三河湾でなく伊勢湾だと異論を唱える。
「三河国内海ノ者」の「内海」は「ないかい」でなく「うつみ」ではないかということ。
「三河国師崎」というまちがった文献もあるという。
現在でも名古屋の人でさえ、知多半島は尾張なのに三河と間違える人がいる。
その書の西海とは九州の西海のことである。
そして、「沼崎」とは今の「野間崎」ではないかとのこと。
地形からいっても三河湾より伊勢湾のような気が私もします。
皆さんはどう思いますか?


知多半島の捕鯨記録は、大野沖、横須賀まであるとのこと。
しかし、江戸時代後期になると捕鯨記録は殆どなくなる。
今では全く捕鯨は行なっていない。


ちのはじめ「やつらの足音のバラード」
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 ますます郷土史研究会らしくなってきましたね。
 思わず読み込んでしまいました。
 あっぱれです。

車 寅三郎 | URL | 2009年09月27日(Sun)13:22 [EDIT]


こんにちは♪

よくお調べになりましたねσ(゚ー^*)
言われてみればそういうこともありうると思います。
「沼崎」と「野間崎」は間違いやすいですものね。

marihime | URL | 2009年09月27日(Sun)18:08 [EDIT]


大野佐治ー内海佐治ー師崎千賀から辿り着きました。
千賀と捕鯨は深い係わり合いをもちます。
捕鯨といっても湾内であり、数艘の船で鯨を浅瀬に追い込み、銛で仕留めという方法だったそうです。
なんか原始的ぽいですね。
マンモスを捕らえるギャートルズを連想しちゃいます。

joyataro | URL | 2009年09月28日(Mon)02:55 [EDIT]


あっぱれ!

 ギャートルズ論。その通りですね。その連想にあっぱれ!

車 寅三郎 | URL | 2009年09月28日(Mon)16:26 [EDIT]


youtube狂

またまた「あっぱれ」頂き、有り難うございます。
超ワルノリ。
それでは、アニメ「はじめ人間ギャートルズ」のエンディング曲「やつらの足音のバラード」聞いてください。
多くの人がカバーした名曲です。

joyataro | URL | 2009年09月28日(Mon)18:59 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。