歴史とロマンの町 大野町へ行こう!

セントレアのちょっと北「愛知県常滑市大野町」のまちおこしブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

坂上げの風景(乙川祭) you tubeより



you tubeで見つけました。
これ貼らさせていただきます。
坂上げの時、山車の上から撮ったものですね。
なかなかこのアングルからはお目にかかれません。
けんか祭の異名がリアルに表現された動画。
気に入りました。

スポンサーサイト

PageTop

2009大野祭りポスター

oono2009ポスタ

今年の大野祭りのポスターです。
高橋さんのデザインです。
大野祭りは、例年通り、5月3・4日に開催されます。

PageTop

多屋まつり'09 4/4

090404taya.jpg
常滑市多屋地区の山車は、「海椙(うすき)車」と言います。
神社(海椙神社)も、山車も、ハッピも、新しいです。

多屋地区は前は製陶所が結構ありましたが、今は中部空港がきたため、町の区画がすすみ、
大店舗等がきたりして、かなりリニューアルされた町になりました。
まつりも新しい息吹が感じられました。


PageTop

安富桜

yasutomi1.jpg

写真の桜は、「安富桜」と言います。
長野県の指定天然記念物で、品種はエドヒガン 樹齢推定450年以上 目通り周囲 5.4m 樹高20m 幹と根張りが雄々しく均整のとれた樹形は古木の風格をもち、エドヒガンの特性がよく現われ、長野県下ではとても有名な古木です。

場所は、長野県飯田市美術博物館の庭にあります。
江戸時代ここは、飯田城主代々の家老安富氏の邸址でした。
初代藩主堀親昌入部寛文12年(1672)の時植栽されたものと推定されます。

なぜこの桜をとりあげたかというと、飯田城主代々の家老安富氏とは、
なんと、明治時代からの大野町の名医・安富医院さんの御先祖だからです。




PageTop

二つの祭りをハシゴしました

知多半島は特に山車の多い地区です。
春になると各地で祭りが開催され山車が繰り出します。
今日夕方頃、二つの祭りをハシゴしました。

yata2009.jpg

okada2009.jpg

上の写真は、矢田まつり。下の写真は岡田まつりです。
二つの祭りとも運よくクライマックスの時が見れてよかったです。
常滑・上半田のまつりも今日やってましたが、さすがにそこまでハシゴできませんでした。
来週末は、西之口まつりがありますね。
約束通り行きますよ、茜音さん。

PageTop

樂游館(らくゆうくわん)のHPの画像

raku.jpg

先日、樂游館(らくゆうくわん)の岡さんからメールがきました。
上の画像を、ここのプラグインにあるリンクの画像に使用してくださいとのこと。
たしかに樂游館(らくゆうくわん)さんの画像は写ってないですね。
どうも画像が動く表紙は写らないみたいです。
この記事でアップしますのでこれで勘弁してください。

好評「ホーロー看板と蓄音機展」は26日までです。

PageTop

西之口まつり’09

西賓車楫棒清め儀式 (2009 4/18土 9:00~)
09nisi1.jpg
09nisi2.jpg
09nisi3.jpg
09nisi4.jpg
09nisi5.jpg
09nisi6.jpg
09nisi7.jpg
09nisi8.jpg






PageTop

知多半島のまつりの写真送って下さい

09nisi10.jpg
「はっぴーな気持」 2009-4-18西之口祭り joyataro・・・お約束通り載せました。

皆さんが撮った知多半島のまつりの写真送ってください。
当ブログに掲載させて戴きます。
自分が撮った写真だけでは限界を感じています。

eメールで、joyataro@ybb.ne.jpまで。添付にて。拡張子は.jpgで。
タイトル・撮影日・まつり名・撮影者名(ハンドルネーム)・コメント等

09nisi9.jpg
「雄姿なる人形」 2009-4-18西之口祭り joyataro

PageTop

紅葉車

紅葉車は、大野町橋詰町の山車です。
下は、そのリーフレットです。とても詳しく書かれています。
クリックすると、拡大されます。

m1.jpg m2.jpg m3.jpg

n1.jpg n2.jpg n3.jpg






PageTop

月刊「大野町ばかり行かない」 3号

最近、まつりネタが多いので、ちょっとブレイク。

「ボクは大統領になりたかった?」
私が思春期の頃の話。
当時、夜の7時頃、名古屋地区のAMラジオから平然とキャバレーのCMが流れていた。
おそらくその後の時間帯にきてくれる客をねらったためだろうが、中学生だって聴いている時間帯である。
私にとって、そのCMがとてもインパクトのあるものだった。
忘れもしない。あの森山周五郎のドスのきいた低音の声。実に意味深な言い方。
「夜の名古屋の大統領・・・それは君です。グラ~ンドキャバレ~大統領~」 と。
「キャバレーてどんなことするんだろう?」とそのCMを聴くたびに胸ときめかしていた。

そして、確か中3の私学高校受験に向かう時だったと思う。
名鉄電車から名古屋駅附近で、窓越しにでかでかとした看板のその店を偶然発見。
思わず、心の中でウォーと叫ぶ。
「よし、俺もいつか夜の名古屋の大統領になろう!」
そのためには一生懸命勉強して都会にでなくては・・・
しかし数年後、その不純な誓いも空しく、そのキャバレーはつぶれてしまう。
結局、私は夜の名古屋の大統領にはなれなかった。
少年から大人に変わろうとする頃の、誰も知らない私の小さな小さな思い出。

聴いてください。
徳永英明 、「壊れかけのRadio」(1990年)you tubeより



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。