歴史とロマンの町 大野町へ行こう!

セントレアのちょっと北「愛知県常滑市大野町」のまちおこしブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

民家にはめずらしい「生子(なまこ)壁」・山下覚邸

namakokabe3.jpg

「生子(なまこ)壁(海鼠壁とも書く)」とは、建物の外壁の仕上げ方のひとつで、腰壁部分に平瓦を張り、その目地部分に漆喰を半円形に盛り上げるように仕上げる方法です。
主に城や土蔵に用いられますが、普通の民家にあるのは大変めずらしいです。
山下覚さんのおじいさんが左官業を営んでいて、大野の土蔵の多くを造ったのですが遊び心で自宅にも「生子壁」を造りました。
幾何学的な模様が大変面白いのですが、手前の室外機が実に邪魔ですね。(笑)

生子壁

スポンサーサイト

PageTop

検証「おじいさんのランプ」:大野に実在した「ランプ屋」てどこ?

nagaisyoten.jpg新美南吉の童話「おじいさんのランプ」にでてくる大野のランプ屋さんて、どこにあったんだろう?
以前から疑問に思っていました。
それが、ふとしたことでわかりました。
前に紹介した器の店「どかん屋」さんに、90歳を越える元気なおじいさんがいました。
そのおじいさんは、50年前に亡くなった私の祖父の名前も知っていて(私が産まれる前に亡くなっている)、いろいろとお話を伺うと地元の事が大変お詳しかったので、ひとつ質問してみました。
「おじいさんが小さい頃、大野にランプ屋さんありませんでしたか?」
「ランプ屋?ランプ売っとった店は一軒あったな」
「どこにありましたか?」
「十王堂の横、ほれ、今の農協のとこにあったよ」
「そうですか。ありがとうございます」

写真の地図は、明治40年に作製された大野の地図です。
「おじいさんのランプ」でおじいさんがランプを大野で購入した頃と時代が重なります。
ちょうど、大野(黒鍬)街道の終点が十王堂で、その横には「永井」とあります。
この地図の上に書いてあったのですが、ここは「永井商店」と言って、兜ビール・ミツカン酢・油類等を売っていた店です。
ランプとは書いてはありませんが、ランプには油がつきもの。
おそらく、ここでまちがいないと思われます。

南吉は大野(黒鍬)街道を歩いて大野に向かう。街道の終点には「永井商店」。店の中を覗くと、片隅に売れ残った時代おくれのランプが目につく。
「そういえば地元の岩滑は最近まで電気がきてなくて、この大野でランプを仕入れてたと年寄りが言ってたっけ。そうだランプを題材に童話を書いてみよう」
なんて思ったかもしれませんね。

『南吉童話「おじいさんのランプ」の中で、おじいさんがランプを購入した「大野のランプ屋」はここです。』ということで、まちおこしに利用できないものでしょうか?


juodoyoko.jpg

PageTop

黒鍬街道を歩こう!(大野町~南吉養家) 参加者募集

歴史と南吉にふれあいながら知多半島を横断しませんか?
walking.jpg

「大野街道」は東海道の脇道として、大野からは伊勢湾を渡って伊勢若松に至り、やがて東海道に連絡。また亀崎からは衣ヶ浦を渡って三河高浜に至り、東海道に連絡していました。
この「大野」は江戸時代港町として大変栄え、千石船もたくさん出入りしていました。
また、黒鍬などを製作する鍛冶師が多くいて、「大野鍛冶」は有名でした。
この歴史ある大野の町を散策して黒鍬街道を南吉養家まで歩きます。
「おじいさんのランプ」に出てくる「半田池」も通ります。
ランプ最後に養家では「南吉童話」の読み聞かせもありますよ。

[歩程 約7km]
9:00~10:00大野のまち散策
→久米→半田池→
12:00南吉養家到着・昼食・童話読み聞かせ
13:00終了


日時:2007年10月13日(土)9:00~13:00 (小雨決行、ガイド同行)
参加費:300円
申込〆切:2007年10月6日
昼食など:弁当・飲み物は各自持参
その他:8時半南吉養家集合、協会が車で大野町まで送迎
申込み・問合せ先:半田市観光ガイド協会
tel:0569-32-3264fax:0569-22-4321
475-0873半田市中村町1-40半田市観光協会内
email:info@handa-kankou.com

PageTop

カクテルと雰囲気を楽しもう!Bar蔵真 (くらま)

kurama2.jpg

私の超お気に入りのお店です。
町屋造りの民家をレンガ作りに改装した、ちょっと他にないオシャレなカクテルバー。
奥には中庭があり、蔵や石灯篭があります。
とても雰囲気がよく、女性客も結構来られます。

kurama1.jpg

また、店主の川合広一郎さんは接客態度が大変いいです。
カクテルの名前はわからなくても、好みを言えば、
おいしいカクテルを作ってくれます。
値段もリーズナブルだと思います。
ミクシーでは、ふんどし君の名で蔵真のコミュニティを開いています。
覗ける人は一度覗いてみてください。

kurama3.jpg
BAR蔵真:常滑市大野町6-61/0569-43-9900/19:00~翌3:00/火曜定休/25席/P3台
BAR蔵真

PageTop

「世界最古の大野海水浴場 」の話1

saiko2.jpg

「本当に世界最古?」を調べてみます。
上の写真は、2007年夏の大野海水浴場です。
「ようこそ世界最古の大野海水浴場においでくださいました」
とアナウンスが流されていました。
「へぇ~すごい。でも、本当に世界最古の海水浴場なの?」
と思う人もみえると思います。私もその一人です。
そこで、その疑問を調べてみようと思います。
少し話が長くなりそうなので、分けてお話しします。(つづく)

saiko3.jpg

PageTop

「世界最古の大野海水浴場 」の話2

昔の大野海水浴場

「日本最古」ではない「世界最古」
「世界最古」なら、当然「日本最古」でもある筈ですよね。
しかし、全国で「日本最古」と名乗っている海水浴場はいくつもあります。
えっ?
私が知っているのは、神奈川県の「大磯海水浴場」さん、岡山県の「沙美海水浴場」さん、三重県の「二見浦海水浴場」さん。
(他にも「日本最古」と名乗っている海水浴場があれば教えて下さい)

いずれも明治時代にできた海水浴場で、某所が「日本最古」と名乗ったら、別の所が「いや此方のほうが古い」と後で名乗りだしたのが真相のようです。
欧米の影響を受け、海水浴の効能や観光効果があることを知った、時の先人達が海水浴施設の設立に尽力した時代だったんですね。

しかし、我が「大野海水浴場」は違います。
1162年(応保2年)鴨長明が大野に訪れ、「生魚の御あへもきよし酒もよし大野のゆあみ日数かさねむ」と詠んだことを根拠に、「日本最古」を飛び越え「世界最古」だと名乗っています。
家康が大野に海水浴(当時は汐湯治と呼んでいた)をしに訪れた文献や江戸時代の海水浴をしている絵図もあります。
だが、それだけでは「世界最古」の立証になりませんね。
しかし、それを立証しようとした男が昭和初期にいました。
(つづく)
saiko4.jpg

PageTop

8/29情熱的で無国籍な味わい「マサラ」ライブを聴こう!

masara1.jpg
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
8月29日(水曜日)に、【樂游館】にて、
●「MASARA=マサラ」のライブを行います。  
 開場18:30/無声映画上映19:00/開演19:30前売\4,000/当日\4,500
 ※終演後、軽食パーティーあり
 ※パーティー参加=\1,000(ドリンク別途)、参加は予約時にお申し込み下さい。
  電話、FAX(月・火=休)やメールにて受け付けています。

 主に東京で活動されているグループで、広島、神戸のツアーの中、
 愛知方面でと【樂游館】に声が掛かりました。
彼らの高い音楽性とアジア/中東/地中海音楽へと流れる幅広い表現力。
また、彼らの感性と音へのコラボレーションは無国籍的な味わいを醸しだし
 アダルトで異国の臭いのする情熱の世界へと誘ってくれるでしょう。
※この企画をしている大木さんは、松田優作や原田芳雄を育てた人と言
われている下北沢で活動されている不思議な御仁です。

●また、当館のみの企画となります。無声映画の上映と「MASARA」による
 映画と音楽のコラボレーションも楽しみの一つです。(協力:喜劇映画研究会)
 とてもお得な企画となっていますので、ぜひ、お誘い合わせの上 早めにご予約をお取り下さい。※メール/FAX/ 電話にて受付中!!。

SPACE【樂游館】 (スペースらくゆうくわん)
《人生を樂しみ、游び、学ぶ館》
(名鉄常滑線=大野町駅下車7分)
●開館時間=10:30~18:00 ●休館日=月・火


〒479-0862 愛知県常滑市小倉5-84
tel. & fax. 0569-44-2550
携帯:090-1471-5219
mail:rakuyukwan@estate.ocn.ne.jp
http://rakuyukwan.web.fc2.com/


PageTop

「世界最古の大野海水浴場 」の話3

「大野町史」の著者「佐野重造」氏
sanojozo.jpg大野海水浴場の歴史は、「大野町史」(昭和4年)に詳しく載っています。
この本の著者が「佐野重造」(明治20~昭和47)という人で、彼の郷土史研究は大いに評価されています。
まず、ここで、彼にスポットをあててみます。
明治44年に早稲田大学英文科を卒業後、東京で新聞記者をしていたが、大正6年、大野町で小川屋傘店を継ぐべく帰郷。
そして、提灯や傘を作るかたわら、俳句・漢詩や随筆・小説などの文学活動を行ない、いくつもの文学誌を発行しています。
「大野音頭」「大野節」の作詞も彼が手掛け、レコードに吹き込まれました。
帰郷後丹念に郷土の歴史も掘り起こし出版した「大野町史」は、その中の大野城主佐治氏の考証にひときわ光り、後に、井上靖の「佐治与九郎覚書」・永井路子の「乱紋」の資料にもなりました。

当然、大野海水浴場についても「大野町史」には詳しく載っています。
306ページ、「大野の海水浴が世界最古であると称するのは、右記の如く歴史的事実に根拠に置いて居るのである。」とあります。
(つづく)

PageTop

「世界最古の大野海水浴場 」の話4

「大野町史」に書かれている世界最古の論拠
saiko1.jpgここで大野町史306ページを抜粋します。
<大野の海水浴が世界最古であると称するのは、右記の如く歴史的事実に根拠に置いているのである。
設備の完全不完全ということは必ずしも歴史的意味を伴うものと限ってはいらぬ。
鴨長明が「生魚の御あへもきよし」の和歌を此の浦で詠じたのは昭和から遡って約765年前のことである。
摂津名所図絵第1巻住吉神社の條に6月14日社頭の群集住吉の海水へ浴し、百病平癒を祈願することを記しているが、之は560年前後の説である。
和泉名所図絵第1巻に堺寺地町旭蓮社の潮風呂の事を記しているが、之は建仁2年で、大野より20年程後である。しかも堺のは潮風呂であるし、大野のは自然の海水であることが其趣を異にしている。
西洋では英国が一番古いが、それでも18世紀始め(オサンの説)で、仏国之に次ぎ、1767年チペイに浴場を開き、1801年北海のノルデルネに開き、次に白耳義のオステンド・ブランベンダに開かれた。此の時代が最も盛んで、毎年2万以上と称せられていた。
次に和蘭1818年セウエンゲル、土奥州1844年アバチカ等続々海水浴場が開かれ、今日では内外ともに海に面する土地は凡て海水浴場として設備せらるるに至ったのである。
かくの如く見来る時は西洋で最も古いとせられている英国ですら250年位の歴史しかないとすると、大野は世界最古ということになるのである。(石井氏秘書)
唯単に以上の諸説から論断することはやや不備の点が少なくないように思われるが、兎に角之で大野の海水浴が随分古い歴史を有しているという証明には充分なり得る。>(大野町史より)

こう書かれています。
よく読むと、佐野重造は世界最古と断定まではしてません。
しかし、よく考えるてみると、太古の昔の人だって海で泳いでいただろうし、泳いだからそこが海水浴場だと必ずしも言えないし、そもそも、海水浴場の定義自体曖昧で、世界最古の証明自体不可能に近いと思います。
よって、他の所が史実を元に「こちらが世界最古だ」と名乗りでない限り、現時点では、大野が世界最古の海水浴場だと名乗って構わないと思います。
ところが、まだ話は終わっていません。
1162年(応保2年)鴨長明が大野に訪れ、「生魚の御あへもきよし酒もよし大野のゆあみ日数かさねむ」詠んだということ自体に疑問が…。
その年は、鴨長明は7歳頃で、そんな歳の子どもがお酒を飲んで和歌を詠むんでしょうか?
(つづく)

PageTop

「世界最古の大野海水浴場 」の話5と6

鴨長明がその句を詠んだ年
「生魚の御あへもきよし酒もよし大野のゆあみ日数かさねむ」~新鮮な魚料理もおいしいし、お酒もおいしい。大野の汐湯治に来てついつい長期間滞在してしまった~
1162年の句なら鴨長明7歳。そんな歳の子どもがお酒を飲んで和歌を詠むんでしょうか?
よしんば、7歳の子供が大人の気持ちになってあの句を作り上げたと仮定しても、当時全く歌人として名を馳せていない子供の句をその土地の人がありがたく頂戴するだろうか。
鴨長明の生没は、1155年(久寿2年) - 1216年7月26日(建保4年閏6月10日)。1153年生まれの説もありますが、それでも9歳。

saiko1.jpg「大野町史」の歴史研究はすばらしいものがありますが、本当に年が正しいのだろうか?

もう一度世界最古の看板の写真を見てみる。「大正12年より712年前」
計算してみる。大正12年は1923年だから、1923-712=1211。
あれっ?1162年じゃない。
1211年。承元5年か建暦元年。鴨長明56歳となる。

また、下の絵図(「風流漫筆知多めぐ里」より)には、あの塔の反対側が描かれていて、そこには、昭和9年から723年前とあります。これも1211年。建暦2年(1212年)ともありますが、ほぼ一致。
saiko7.jpg


saiko5.jpgまた、ある人に興味深い資料を見せてもらいました。

左は昭和11年、愛知県知多郡大野青海山観光協会発行の「大野町附近名所古跡案内」です。
二つ目のところを見て下さい。

世界最古海水浴場
(大野町洲岬にあり)
創設は約一千年前と伝う
後鳥羽上皇和歌所寄人 鴨長明は兼ねて京都に於いて大野海水浴の効験卓絶なる事を伝聞し今を去る726年順徳天皇御宇伊勢大廟へ参拝の途路当浜へ光来長く滞在し入浴の記念に左の一首を残し置きたり


と書かれています。
ここでは「昭和11年(1936年)から726年前」といってるから、1210年。承元4年。鴨長明55歳。

この頃は、鴨長明の晩年であり、歌人として充分著名な存在になっていたから、当時の人が鴨長明に頼んで大野の句を詠んでもらっても不思議ではないですね。
どうやら、この頃の方が正しくて、1162年説は、どこかで「元号○○年から○○年前」という部分で年がずれたしまったから起きたのではないのでしょうか。
歴史を調べると年号と年齢が一致しないことはよくあります。
とりあえず、1162年説の呪縛は解けたのでは・・・。

(引き続き)

鴨長明と大野の関わり合い 
さらに調べていくうちに、鴨長明と大野の関わり合いがあることがわかりました。
saiko6.jpg
写真は常滑市榎戸の海岸近くにある「鴨都波(かもつば)神社」です。
当時、大野庄の一部だった榎戸の海岸付近の新田開拓を鴨氏族がまかされていました。
その子孫が現在では斉田氏・吉田氏となり、今でも当地の海岸に分身を祀っていて、その碑もあります。
鴨長明は、この鴨氏(親戚)を頼り、この地に来て汐湯治を楽しみ、この和歌を詠んだと伝えられています。
鴨都波神社
(つづく)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。