歴史とロマンの町 大野町へ行こう!

セントレアのちょっと北「愛知県常滑市大野町」のまちおこしブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

清水次郎長一家28人衆に大野出身者が二人もいた!

幕末の侠客・清水次郎長親分はご存知ですよね。
その子分達の「清水次郎長一家28人衆」の中には、なんと大野出身者が二人もいます。

大政(写真左)と尾張大野の鶴吉です。
大政 尾張大野の鶴吉

大政は、次郎長一家一の子分として有名ですね。実名は原田熊蔵といい、大野の廻船問屋の長男に生まれました。人柄は温厚で、子分たちの間でも人望があつく、次郎長の後継者として、山本政五郎の名で入籍し養子となっています。
尾張大野の鶴吉は、あまり武勇談は伝えられていませんが、かなりのどもりだった森の石松の通訳代わりだったというユニークなエピソードを持ちます。

スポンサーサイト

PageTop

街の名物おじさん①~ギンマジョさん~

最近、話が堅いので、たまには柔らかい話をと思い、街の名物おじさんを紹介します。
今回は、常滑駅前のアクセサリー店「ギンマジョ」店主・中村慈男さん (西之口在住)です。
’ギンマジョさん’で通っています。
ginmajo1.jpg

口ひげを生やし、ループタイに、時としてカウボーイハットをかぶり闊歩するお洒落なおじさんです。
交流関係が広く、出会いと感謝をモットーに、話がおもしろくて、特に女性の心をわしづかみ(おばさん専門?)にします。
また、オーダーメイドのアクセサリーを販売している他に、なんと作家活動もしています。
お店には自分の書いたエッセイや小説も置いています。
一度お店に遊びに行ってみては。彼のおもしろい話は必聴です。

ginmajo4.jpg ginmajo2.jpg ginmajo3.jpg

ギンマジョ:常滑市鯉江本町5-168(常滑駅前Willセラ内)/0569-34-8816/営業時間11:00~19:00/

PageTop

街の名物おじさん②~樂游館(らくゆうくわん)の岡さん~

小倉町にある、昭和初期にできた名館「まつや別邸」を復活し、樂游館(らくゆうくわん)として一般に開放したのが'岡さん'です。
岡さん
(写真)まつや足袋のノベルティグッズの大足袋を履く「岡さん」

彼は豊橋のデザイナーさんで、外観が洋風・内部が和風の建築になっているこの建物の素晴しさに惚れ、所有者の「まつや足袋会社」さんからお借りし、手入れをし、去年2006年にオープンさせました。
ギャラリーやコンサートを催したり、多目的に利用してます。最近は、去年夏好評だったオーダーメイドの素敵な下駄も販売しています。

地元の名所を発掘した彼の功績は大きい。
やはりプロだけあり、彼の芸術センスは素晴しい。ぜひ、樂游館に行って、彼プロデュースの芸術作品に触れてみて下さい。
rakuyuukuan 岡さん oka3.jpg
左)樂游館(らくゆうくわん)
中)1/27にテレビ番組で紹介される。レポーターのマナカナちゃんに囲まれご機嫌。
右)コンサートで司会。

樂游館(らくゆうくわん):小倉町5-84/0569-44-2550月火定休/P有り 

PageTop

街の名物おじさん③~便利屋のやました君~

yamasita.jpg
地元ケーブルテレビにコミカルなCMを流しているので、御存知の方も多いと思います。
今回は、「便利屋のやました君」こと、山下和年さんを紹介します。
スキンヘッドに口ひげをはやし、いつも作業者風の身なりで言葉使いもお上品でなく、一見怪しいおやじに見えますが、好奇心旺盛で、人懐っこく皆に愛されるキャラです。
企業の下請け仕事は好まず、主に知多半島をエリアに、雨漏り修理、粗大ゴミ棄て、ペンキ塗り替えなど困ったことなら何でも、「山下君、頼むわー」の声掛けで仕事をしています。

実はこの山下さんには、信じられない側面があります。
なんと日本書道展に毎年入選を繰り返す、希有な書道家なのです。
知識人の多い書道界の中で、彼の存在は、風体から「書道界の山下清」ともてはやされています。2年前位から東海市のカルチャースクールに招かれ、先生として指導しているそうです(いつもの身なりのままで)。彼の娘さんも書道家です。

最近,彼は大枚投じて,「便利屋のやました君」のホームページを作ったのですが、全く反応がなく困っています。
「joyataro~、何とかならんか?」
「知らんがな」
とは言っても、彼は私の知り合いです。
どなたか、嘘でもいいから、「ホームページ見ましたよ」と言って、仕事依頼の電話を掛けてやってもらえませんでしょうか?

yamasita1.jpg yamasita2.jpg

便利屋のやました君:常滑市西之口7-124/0569-43-0394

PageTop

大野町出身のプロレスラー「後藤達俊」

gototatsu.jpg

1956年生れの大野町出身のプロレスラーです。
名城大学時代は重量挙げの選手(インターカレッジ3位)として活躍。
サラリーマンを経て、猪木率いる新日本プロレスに入門したのは26歳。
最初は不遇の時代を過しましたが、金髪に染め、ヒール・ターンしてブレイクし、人気を博しました。
ニックネームはMr.BD(バックドロップ)。
必殺技のバックドロップで、あの馳浩を一時心臓停止に追い込んでしまったこともあるそうです。
1999年に、小原道由と組み、佐々木健介・越中組を破ってIWGPタッグ王座を獲得しています。
2006年、藤波辰爾率いる無我ワールド・プロレスリングに入団。
数々の語り草があり、今なお根強いファンがいます。

PageTop

エアロビクスの女王!伊藤由里子

itoyuriko2.jpg

伊藤由里子さんは、1968年常滑市生まれ。
器械体操、新体操、ジャズダンス、クラシックバレエなどを経て、短大時代にエアロビクスと出会う。
その後はインストラクターをしながら経験を重ね、96年、スズキワールドカップ・エアロビック世界選手権大会で優勝。
99年には史上初めて、世界3大大会を制覇する“グランドスラム”を獲得。
これまでにエアロビクスの女子シングル部門で、国際大会を9回制した、世界を代表するエアロビック・アスリートの1人。
すごい人が地元にいるんですね。

PageTop

女子バスケの名選手!村上睦子

村上睦子(ちかこ)さんは、1970年常滑市矢田生まれ。
星城高卒業後、1989年に名門シャンソンに入団。
身長165cmと小柄ながら多くの試合に出場、ポイントガードとして活躍し、シャンソンのWリーグ10連覇に貢献。
新人賞、MVP、ベスト5など多数受賞。
1996年のアトランタオリンピックに日本代表として出場。7位入賞に貢献。
2000年に引退。
地元のスポーツヒーローだ。
murakami.jpg

PageTop

この地方で活躍する実力派シンガー「聖はじめ」

hijiri2-s.jpg

「聖はじめ」さんは、名古屋芸大音楽学部声楽科卒で、
この地方で、ライブやショーを行なって活躍している実力派シンガーです。
シャンソンから歌謡曲・アニメソングまで何でも唄えます。
おかまちゃんで、ステージでは主に女装。衣装にも大変凝ってます。
トークもおもしろくて、特に女性に絶大な人気があります。
数年前まで、大野町を活動の拠点にしていました。
ここ10ヵ月、出身の岐阜県大垣市にいる高齢の母の面倒をみていて、
活動を休止していましたが、今回再開!

「聖はじめショー」
 場所:大野町きょう屋   
 日時:6月23日(土)19:00~                  
お一人様2,500円(1ドリンク茶菓子付き)要予約
問合せ先:0569-42-1307

彼のブログは、こちら


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。