歴史とロマンの町 大野町へ行こう!

セントレアのちょっと北「愛知県常滑市大野町」のまちおこしブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大野橋の美人

file0004.jpg
高橋さんと一緒に色んな大野の歴史資料を集めています。
今後、いくつかピックアップして紹介していこうと思います。

上の写真は、昭和25年頃の写真だそうです。
この大野橋の美人は女優さんらしいとのこと。
どなたかこの美人が誰だかわかりませんでしょうか?


スポンサーサイト

PageTop

大野の神輿

mikoshi.jpg

ご存じない方もいらっしゃるかと思います。
大野には山車三台・卷藁船一艘がありますが、実は神輿もあるのです。
上の写真は、ずっと中断していた神輿が、昭和34年(1959),皇太子の御成婚を祝し、戦後唯一まつりに繰り出されたという貴重な一枚です。
神輿は今なお内宮に眠っています。次に繰り出される日はいつでしょうね。

mikosi2.jpg
mikosi4.jpg
mikosi3.jpg

mikosi5.jpg





PageTop

丹下左膳が大野を走った!

s57tange.jpg

27年前の昭和57年の写真です。
テレビ番組の撮影が大野の町で行なわれました。
詳しくは知りませんが、丹下左膳がタイムスリップして現代に来たという話らしいです。
この番組名とか詳しいことを御存知の方、御連絡下さい。

PageTop

大野町役場発行の観光パンフレット

satsuma0010.jpg

ssatsuma10.jpg 中面

常滑市制前の、大野町役場発行の観光パンフレットです。
五つ折。
「世界最古の海水浴場・大野」が町の目玉になっていますね。
資料提供は江端健一さんです。
ありがとうございます。

PageTop

大野海水浴場の立役者・後藤新平

gotosinpei2.jpg

大野海水浴場は、「世界最古の海水浴場」とも呼ばれる古い歴史を持つ。
1881(明治 14)年、. 愛知県病院長だった後藤新平がこの地を訪れて現地調査を行い、
日本最初の海水浴啓蒙書とい.われる『海水功用論』を著した。
これをきっかけに加温海水浴場など設備も整えられ、旅館も多数建設された。
いわば、後藤新平は大野海水浴場の功労者だ。
上の写真は、大正9年大野町役場で撮られた貴重な写真。
前列中央の白い服が、当時内務大臣だった後藤新平です。
周りは当時の大野の有力者達。
前列向かって左から二人目は大庄屋・平野助三郎。
それ以外の人の名ははわかりません
御存知の方、御一報を。

PageTop

大野に海女さん

onoama.jpg

これ、猥褻画像じゃありません。
昔はよく、大野海水浴場に、伊勢志摩から海女さんが観光PRに来られたそうです。
その時の写真です。
私、数年前伊勢志摩へ行って海女さんのデモンストレーション見た時は
ちゃんと上半身も身を纏っていましたけど、昔はそうじゃなかったみたいですね。
江戸時代に描かれた『尾張名所図会』の中の潮湯治をしている女性や
明治時代の頃の女相撲の写真も平気でおっぱい丸出しだったし、
昔は今より性が開放的だったのでしょうか?


PageTop

大草にあった山車

ookusadasi.jpg

今はありませんが、以前は大草(大野の北隣・知多市)にも山車がありました。
津島天王祭にでる車楽船の宵祭の飾り付けと同じ形態で大変珍しい山車です。
大野権現町の「権丸」のように、巻藁提灯がついていますね。
大草の祭りは夏の暑い頃に行なわれたそうです。
この写真は高橋さんの記憶では昭和30年頃じゃないかとのこと。
とても貴重な写真です。

PageTop

大野海岸PR隊、名古屋へ行く

oonokpr.jpg

これも昭和30年頃の写真です。
常滑観光協会が、トラックを繰り出し、県庁まで、大野海水浴場をPRに行っていました。
荷台の上に乗っているビキニ姿の男性がとてもユニークですね。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。