歴史とロマンの町 大野町へ行こう!

セントレアのちょっと北「愛知県常滑市大野町」のまちおこしブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ブログ始めます。

ブログ開始です。
愛知県常滑市にある「大野町」のまちおこしの一助になればと思い、始めます。
タイトルに「歴史とロマンの町」とあるように、大野町は古い町です。
鎌倉時代から町が栄え、城下町として発達し、神社仏閣が多い。
民家も京都を思わせる町屋造りが今なお点在。
海岸は、鴨長明が句を詠んだという世界最古の海水浴場。
海運業が発達し、大野鍛冶・大野谷虫供養など歴史的産業文化も存在。
歴史ファンから言わすと大野町はかなり評価の高い町だそうです。
私が子供(昭和40年代)の頃も町は賑わっていました。
しかし、現在の町の元気のなさは、正直、目を覆いたい気持ちです。
海水浴客は内海方面にとられ、基幹産業だった紡績会社も今は皆無。
商店街も空き店舗が増え、人も少なく寂しく感じます。
大野町駅は、特急電車が停まらなくなり、無人駅になってしまう始末。
時代の流れかも知れませんが、残念でなりません。
何とかならないと思うのは私だけでしょうか?
そうだ!ブログで「大野町」の良さを紹介することで、まちおこしができないだろうか?
そんな訳でブログ始めます。
ホームページもありますので、よろしく。

大野橋

スポンサーサイト

PageTop

世界最古の海水浴場!大野海水浴場

夏と言えば、海水浴シーズンですね。
大野海水浴場は、なんと世界最古の海水浴場です。
1162年(応保2年)鳥羽法皇1210年(承元4年)後鳥羽法皇
の和歌所寄人であった鴨長明が大野に訪れ、
「生魚の御あへもきよし酒もよし大野のゆあみ日数かさねむ」と詠みました。
当時は汐湯治と呼ばれ、800年以上の歴史を持つ世界最古の海水浴場なのです。
名古屋からも近く、セントレアにも最寄。駐車場代は800円と安い(内海方面は1,500円)。
今度いかがですか?
大野海水浴場

下の写真は戦前の大野海水浴場です。
昔の大野海水浴場

PageTop

二つの城を持つ町・大野町

大野町から二つの城が見えます。大野城と大草城です。
oonojo0.jpg
大野城
ookusajo0.jpg
大草城
大野城は、佐治家最後の城主・佐治與九郎の妻・小督(おごう)が有名です。浅井長政正室の小市の方(信長の妹)の三女。秀吉の命で、後に離縁し、秀吉の子・秀勝と再婚。秀勝の死後、徳川秀忠と再々婚。三代将軍・家光の実母です。
大草城は、信長の末弟・織田有楽(うらく)が城主なるはずでしたが実際は城壁のみで完成はしませんでした。有楽は戦を好まず、江戸に入ってお茶を嗜み、有楽流を創始。現在の東京の「有楽町」は彼の名から、「数奇屋橋」は彼の数奇屋造りの茶室からとったものです。

PageTop

卑弥呼が大野町にやってきた?!

内宮御祭宮社(写真)は、11代垂仁天皇の御代に、倭姫命(やまとひめのみこと)が天照皇太神を奉じて、この大野に三ヶ月停まり、その後、伊勢の地に遷りました。
そこで、この宮は元伊勢と称されています。

倭姫命は垂仁天皇の皇女であり、日本武尊(ヤマトタケル)の叔母にあたります。
邪馬台国畿内説では倭姫命が卑弥呼とされています。
内宮御祭宮社

PageTop

常滑焼まつり&花火

花火

常滑焼祭
直接な大野町の話題ではありませんが、同じ市内の大きなイベントなので紹介します。
毎年8月末の土日、常滑競艇場等で、常滑焼まつりが開催されます。
地場産業の焼き物販売や色々なイベントがあり、人が賑わいます。
写真は、競艇場の水面が光る花火と、IWCATという地元国際交流団体が主催している外国人陶芸家達の作品展示です。

PageTop

あの国宝・雪舟の絵を所有する斉年寺

斉年寺

大野城主佐治家の菩薩寺である斉年寺には、寺宝が多くあり、
その中には、国宝である雪舟の「達磨大師二祖慧可断臂図」があります。
確か教科書にも出てましたよね。

達磨

PageTop

尾張の殿様が絶賛した大野名物「一口香」

一口香

萬治2年(1659年)、尾張二代藩主・徳川光友侯が当地
大庄屋・平野彦左衛門氏宅へ潮湯治(海水浴)に御滞在
の折、当地名産「芥子香」を献上しました処、大変お気
に召され、一口食べると香ばしい味わいがする故、以後
「一口香」と申す様にと名前を頂戴しました。
それ以来、「一口香」は大野名物となり、十幾店もが製造
販売していましたが、現在は風月堂一店のみに・・・。
お茶菓子に最適です。ぜひ一度ご賞味あれ。

風月堂

PageTop

第8回尾張大野古今散策PR

尾張大野古今散策は、毎年10月第3金土日に行われ、第8回を数える今年は、10月20日(金)~22日(日)に開催されます。
空き店舗や古民家を利用し、町中に、作品展やバザー等のお店が立ち並びます。
また、スタンプラリー・ガイドヘルパー付歴史散策ツアー・モデル撮影会等、色んなアトラクションがあります。
まじ楽しめますよ。ぜひ予定されてみては。
問い合わせは大野コミュニティ(0569-42-1307)まで。

8回古今ポスター

PageTop

「鰻(うなぎ)の寝床」

大野町の街中には、京都を思わせる'町屋造り'の古い民家が多くあります。
格子のある間口は狭く、奥行きが長いその造りは、「鰻(うなぎ)の寝床」とも呼ばれています。
町屋造り

PageTop

伊勢湾を望む1

大野町は知多半島の中西部に位置し、伊勢湾を一望することができます。

伊勢湾上の中央に「伊勢湾灯台」があります。
灯台の向こうには、四日市の煙突や石油コンビナートが見えますね。
伊勢湾灯台の発電所が、海底ケーブルを辿って、
大野町の隣・西之口にあることは意外と知られていません。
伊勢湾灯台

伊勢湾灯台の横に「伊勢湾シーバース」が見えます。
タンカーはあえて港まで行かず、ここで石油を供給し、海中のパイプを辿って、
直接、知多市の石油精製会社に届くようになっています。
伊勢湾シーバース

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。